ようこそ! 第41期びわこ環境学科のホームページへ

 

こんにちは。私たちは平成30年10月に滋賀県レイカディア大学の第41期の生徒として入学した

びわこ環境学科で学ぶ1年生10名と履修生2名の計12名のクラスの仲間です。

 

私たちの2年間の記録をこのホームページに残していきたいと思います。

 


レイカディア大学とは

 滋賀県レイカディア大学は、60歳以上のシニアの方々が集い、地域の担い手として期待され、活躍できるよう新しい知識や教養、そして技術を身につけるための2年制の学びの場で、1978年の開設で、今年40周年を迎えました。

  草津校と米原校があり、学科は、園芸学科、陶芸学科、地域文化学科、健康づくり学科、そして、びわこ環境学科があり、平成30年11月現在、1年生177名、2年生130名の合計307名が学んでいます。

びわこ環境学科とは

「びわこ環境学科」とは、琵琶湖の地形や歴史・気候と水環境・生きものや水質水利用を専門的に学ぶ学科です。40年の歴史を持つレイカディア大学ですが、この学科は、2012年(平成24年)に新しく開設されたまだ新しい学科です。



受講内容と活動


必修講座

「必修講座」は、全学生が一緒に学ぶ講座で地域で活動するために必要な基礎的な事柄を学びます。

 

選択講座

「選択講座」は、学科単位で学ぶ講座で、それぞれの学科独自の特徴を生かし、地域で活動するための知識や技術を学びます。

校外学習

「校外学習」は、座学だけでなく、外に飛び出し、皮膚感覚での体験を積み、地域活動に必要な実体験を学びます。

自主活動

「自主活動」には、クラス活動や委員会活動、そしてクラブ活動があり、それぞれ独自の活動を通して、活動の幅を広げています。

地域活動

学生が在学中にボランティアなどで地域活動を体験し、地域住民と共に地域の課題に取り組む力を身につけることを目的とします。